ウォーターサーバーと浄水器のイチオシは?特徴やコストなど徹底比較

ウォーターサーバーと浄水器のイチオシは?特徴やコストなど徹底比較

「ウォーターサーバーと浄水器のコスパはどうだろう」
「負担なく使えるのはどちらか知りたい」

安全でおいしい水が飲めるウォーターサーバーと浄水器。種類も多く、果たしてどちらを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

浄水器で十分と思いつつ、ウォーターサーバーも捨て難い、そんな方へ。

この記事では、ウォーターサーバーと浄水器について、特徴やコスパなど両者の違いをまとめています。

両者のいいとこどりをした浄水型ウォーターサーバーについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

ウォーターサーバーと浄水器おすすめは?

ウォーターサーバーと浄水器、どちらがおすすめなのか気になりますよね。

人によって生活環境や導入する目的は違うので、自分に合ったものを選ぶべきです。

そこで、ウォーターサーバーと浄水器の特徴からそれぞれ向いている人を解説します。

自分に合っているのはどちらなのか、チェックしてみましょう。

ウォーターサーバーの特徴

ウォーターサーバーとは、天然水やミネラルウォーターなど安全でおいしい水が飲める専用サーバーです。

よりクリアで飲みごたえのある水を、自宅でも気軽に味わえます。

ウォーターサーバーが向いている人

  • 水にこだわりがある
  • 温かいものをよく飲む
  • いろいろな機能を使いたい
  • ファミリー世帯

質の良いおいしい水を求める人には、ウォーターサーバーがおすすめです。

自宅でお茶やコーヒーを入れるときや、子どものミルク作りにも使えます。

浄水器の特徴

浄水器とは、水道水の不純物や臭いなどを取り除き、水をきれいにしてくれるものです。

蛇口に取り付けるタイプやポット型などがあり、手軽に導入できます。

浄水器が向いている人

  • コストを抑えたい
  • すぐに利用したい
  • シンプルさを求める人
  • ひとり暮らし

コストを抑えたい人には、浄水器がおすすめです。

デザインや機能もシンプルですので、どんな人でも使えます。

ウォーターサーバーと浄水器の違いとは?

ウォーターサーバーと浄水器のメリットとデメリットを解説します。

どんな違いがあるのか、詳しく見てみましょう。

大きな違いは使う水と機能面

ウォーターサーバーと浄水器の大きな違いは、使う水と機能面です。

水道水をきれいにする浄水器と、天然水やミネラルウォーターを飲めるウォーターサーバー。

浄水機能のみの浄水器と、メーカーごとに特徴あるさまざまな機能がついているウォーターサーバー。

その他にも、以下のような違いがあります。

  • コスト
  • デザイン
  • メンテナンスの有無

どの点を重視するかによって、選ぶ基準は変わります。負担の少ない方を選べば、失敗もなく長く使えるでしょう。

ウォーターサーバーのメリット

両者の違いを詳しく知るため、まずはウォーターサーバーのメリットを見てみましょう。

設置が大変そうなイメージがありますが、それ以上に得られるメリットは大きいです。

1.安全でおいしい水が飲める

主要なウォーターサーバーは、天然水やミネラルウォーターなどの水にこだわっています。

以下のように各メーカーによって違いはあります。

  • アクアファブ → ピュアウォーター + 4種のミネラル成分を配合
  • Kirala Water → 富士山の天然水

しかし「よりおいしい水が飲める」という点では共通しています。

市販のペットボトルでも買えると思うかもしれませんが、自宅にウォーターサーバーがあればいつでもおいしい水が飲めます。

業者の人が重い水を定期的に届けてくれるので、女性や年配の方でも安心です。

2.冷温調整など多彩な機能

お茶やコーヒーを飲みたいとき、その都度お湯を沸かすのは面倒だと感じませんか?

赤ちゃんがいる家庭では、ミルク作りにもお湯が欠かせません。

ウォーターサーバーには、ボタン1つで冷たい水もしくは温かいお湯が出てくる温度調節機能があります(メーカー、機種による)。

好きなときに、適した温度の水を飲めるのは嬉しいですね。

その他にも以下のように、機種によって多彩な機能がついています。

  • 炭酸水やコーヒーも作れるサーバー
  • いつでも清潔さを保てるクリーン機能
  • 小さな子どもがいても安心なチャイルドロック

気になるサーバーかあれば、どんな機能があるのか、ほしい機能がついているかを確認しましょう。

3.災害用の備蓄水になる

自然災害の多い日本では、防災対策として必要なものを備えておくことが大切です。

当然ながら、水も重要な備蓄品です。市販のペットボトルを用意している方も多いことでしょう。

ウォーターサーバーの水は、必要な分を業者の人が定期的に届けてくれます。もし自宅に在庫が残っていれば、災害用の備蓄水としてそのまま使うのも可能です。
日頃から飲んでいるおいしい水で、不安な気持ちもきっとやわらぎますね。

4.メンテナンス不要の場合も

メーカーによっては、メンテナンス不要の自動クリーン機能を搭載したウォーターサーバーを取り扱っています。

自動クリーン機能はサーバー内で熱水を循環させる構造になっており、清潔な状態を保てるのが特徴です。

メンテナンス不要のタイプなら日頃の簡単なお手入れだけで良いので、より快適に利用できるでしょう。

メンテナンスが必要なサーバーは、ほとんどのメーカーが無料の定期点検を実施しています。「サーバーを大事に長く使ってほしい」という思いが垣間見える、ありがたいサービスです。

ウォーターサーバーのデメリット

安全でおいしい水を手軽に飲めるウォーターサーバーですが、デメリットも存在します。

  1. コストがかかる
  2. サーバーの置き場が必要
  3. 使用後のボトルがかさばる

ウォーターサーバーは、水代やサーバーレンタル料など毎月のランニングコストがかかります。

途中解約には別途費用がかかることもあり、長く使うことを前提に、慎重に検討した方が良さそうです。

サーバーの置き場所を広く取れない場合は、卓上型サーバーはどうでしょうか。

ボトルについては、使用後に圧縮して捨てられる「ワンウェイボトル」を採用しているメーカーもあります。気になる方は、ぜひチェックしてください。

浄水器のメリット

次に、浄水器のメリットを見てみましょう。

機能もコストもシンプルでわかりやすいため、導入するハードルは低いでしょう。

1.コストを低く抑えられる

浄水器の最大のメリットといえるのが、コストの低さです。

浄水器を購入すれば、後は以下の代金で済みます。

  • 使用した分の毎月の水道代
  • 交換用カートリッジ

メンテナンスやカートリッジ交換などは、基本的に自分で行います。コストの低さを思えば、負担は軽いのではないでしょうか。

ただし、据え置きタイプとビルトインタイプは、別途設置費用がかかります。

置き場所の確保と工事も必要になりますので、検討するなら蛇口直結タイプもしくはポットタイプがおすすめです。

2.簡単に導入できる

ウォーターサーバーを使用するには、以下などが必要です。

  • メーカーとの契約
  • サーバーの設置作業

使いたいと思っても、すぐに利用できるわけではありません。

これに対して蛇口もしくはポットタイプの浄水器は、購入と設置ができれば、手早く使い始めることができます

余計な手間や、業者との付き合いも不要です。水の在庫を気にする必要もありません。

導入するハードルが非常に低いので、気になったら試しに利用してはいかがでしょうか。

3.複雑な機能がない

さまざまな機能があってもうまく使いこなせない、と思う方もいることでしょう。

ウォーターサーバーの機能に惹かれて導入したけれど、段々と使わなくなった方もいるかもしれません。

浄水器にはその名の通り、水道水をきれいにする浄水機能がついています。専用カートリッジを使用して不純物や臭いなどを取り除き、クリアな水にするものです。

シンプルな浄水機能のみで、誰でも簡単に使えます。

浄水器もウォーターサーバーも、水のきれいさに大きな差はありません。最低限の機能があれば良い方に、浄水器はうってつけです。

4.置き場所に困らない

浄水器は、広いスペースを確保する必要がありません。

以下のように設置、保管できれば大丈夫です。

  • 蛇口直結タイプ → 蛇口に取り付ける
  • ポットタイプ → 冷蔵庫で保管する
  • 据え置きタイプ → 台所の省スペースに置く
  • ビルトインタイプ → 蛇口と一体型 ※工事が必要

蛇口とポットタイプは設置工事の必要がなく、自分で手っ取り早く取り付けられます。

インテリアを損なわず、部屋の空間となじみやすいのは嬉しいポイントですね。

浄水器のデメリット

コストを抑えられて導入するハードルが低い浄水器には、以下のようなデメリットがあります。

  1. カートリッジ交換が大変
  2. 常温水しか飲めない
  3. 水の長期保存ができない

浄水器の取り付けやメンテナンスは、基本的に自分で行います。汚れが溜まってしまう専用カートリッジも、2~3カ月ごとなど定期的に交換しなければいけません。

交換時期を知らせてくれる、便利な浄水器もあります。もし忘れてしまうと、カートリッジの機能を十分に果たすことができず、味や臭いが気になってくるでしょう。

また、浄水器を通した水は、水道水に含まれていた殺菌効果が薄まります。長期保存に適していないので、作り置きした飲み物は早めに飲み切ってください。

浄水器には、ウォーターサーバーのような充実したサービスはありません。

しかし、デメリットを考慮してもコスパは高いといえるのではないでしょうか。

ウォーターサーバーと浄水器の料金比較

実際にどのくらいのコストがかかるのか、知っておきたいですよね。

ウォーターサーバーと浄水器にかかる毎月の料金は、以下の通りです。

ウォーターサーバー 浄水器
(蛇口直結)
浄水器
(ボトル)
レンタル料 無料~1,000円 1,000~3,000円 800~1,000円
水代
(24Lの場合)
2,500円~5,000円(ボトル) 5~6円(水道代) 5~6円(水道代)
電気代 400~1,000円 なし なし
合計(月額) 3,000~7,000円 1,000~3,000円 800~1,000円

また、設置やレンタルの途中解約にかかる費用は、以下の通りです。

浄水器は、購入した場合の代金を掲載しています。

ウォーターサーバー 浄水器
(蛇口直結)
浄水器
(ボトル)
初期費用 無料~8,000円(手数料) 2,000~10,000円 2,000~6,000円
解約費用 5,000~10,000円 1,000~3,000円 800~1,000円

ウォーターサーバーは、水代やサーバーレンタル料など毎月のランニングコストが発生します。

浄水器はレンタルもできますが、長く使うなら購入した方がコストを抑えられるでしょう。

ちなみに、市販のペットボトルを毎月24L購入した場合、約2,000円かかります。購入する手間や持ち運びを考えると、浄水器の方がお手軽です。

ただし、先にも述べた通り、何を重視するかによって選ぶ基準は変わります。

自分にとってコスパが良いものは何か、よく検討してくださいね。

初心者にもおすすめ!浄水器人気の3社を紹介

浄水器を検討している方に、初心者でも使いやすいおすすめの浄水器を3つ紹介します。

今回は、お手軽な蛇口直結タイプとポットタイプから選びました。

迷ったらこれ!「三菱ケミカルMONOシリーズ クリンスイMD101」


出典:クリンスイMD101: 製品 | 家庭用浄水器の三菱ケミカル・クリンスイ通販サイト

※2021年1月28日現在品切れ中。

高い浄水能力を誇る、三菱ケミカルの蛇口直結浄水器。手頃な価格で、初心者でも取り入れやすい浄水器です。

活性炭、セラミック+イオン交換繊維、中空糸膜フィルターによるクリンスイ独自の高性能カートリッジが、15もの不純物質を除去します。

迷ったらクリンスイ。クリアでおいしい水を味わえます。

コスパに優れた「パナソニック(Panasonic) 浄水器 TK-CJ12」


出典:浄水器 TK-CJ12 商品概要 | 浄水器 | Panasonic

圧倒的なコストパフォーマンスを誇る、パナソニック(Panasonic)の蛇口直結浄水器。カートリッジ交換時期は約1年と、長持ち仕様です。

コスパだけでなく、専用カートリッジは性能にも優れています。カートリッジ1本で約4,000Lもの浄水を作る耐久性、17の不純物質を取り除く高性能は群を抜いています。

トータルコストを考えるコスパ重視の方に、特におすすめです。

スリムなポット型「ブリタ(BRITA) リクエリ マクストラプラス BJ-PL2」


出典:BRITA fill&enjoy Liquelli

冷蔵庫のドアポケットにもすっぽり収まる、ブリタ(BRITA)のスリムなポット浄水器。ひとり暮らしにも最適なコンパクトな作りです。

ポットに搭載されている液晶メモが、カートリッジの交換時期を知らせてくれます。食洗器でも洗えるので、お手入れも楽ちんです。

設置の手間いらずで、手軽に浄水のある暮らしをスタートできます。

水にこだわるウォーターサーバー人気の3社を比較

数あるウォーターサーバーの中でも主流なのが「宅配タイプ」。天然水やミネラルウォーターなどのおいしい水を。自宅まで届けてくれるサービスです。

今回は、特に水にこだわりを持つ人気の3社を紹介します。

おいしさとデザインにもこだわる「アクアファブ」


出典:アクアファブ | ウォーターサーバー・宅配水のアクアクララ

業界大手のアクアクララ株式会社が運営する「アクアファブ」。グッドデザイン賞を受賞した、スタイリッシュで近未来的なデザインが魅力のサーバーです。

品質と味にこだわった水は、ピュアウォーターに4種のミネラル成分を配合。独自のおいしさを追求しています。

おしゃれも、水のおいしさにもこだわりたい方におすすめです。

ひとり暮らしでも使いやすい「FRECIOUS dewo mini」


出典:卓上型の小さなウォーターサーバーならFRECIOUS dewo mini|フレシャス公式

富士山の銘水株式会社が運営するFRECIOUS(フレシャス)では、卓上型サーバー「FRECIOUS dewo mini」を展開しています。

ひとり暮らしや少人数にちょうど良い、4.7Lの軽量タイプ。リビングや寝室でもなじむ、コンパクトで落ち着きのあるデザインです。

富士山のバナジウム天然水を、自宅で手軽に楽しめます。

高品質でデザイン性のある「Kirala Water」


出典:Kiralaオフィシャルサイト

株式会社Kiralaが運営する「Kirala Water」は、富士山の天然水を使用。なめらかな舌触りで、水のおいしさを堪能できます。

専用のシェイカーとカートリッジで、いつでも手軽に炭酸水が作れるのも魅力です。炭酸水はもちろん、お酒に入れたり洗顔に使ったりすることにも適しています。

特徴的なサーバーを使用した方に、特におすすめです。

知ってる?浄水器一体型のウォーターサーバー

ここまでウォーターサーバーと浄水器の違いを、詳しく解説してきました。どちらにも優れた点があり、なかなか絞り切れない方もいるかもしれません。

もしくは、両者を併用しようと考えているでしょうか。

そこで紹介したいのが、浄水機能のついたウォーターサーバーです。ウォーターサーバーと浄水器の機能をいいとこどりしており、十分に検討する価値があります。

どのようなサーバーなのか、早速見ていきましょう。

1.水道水を使うからコスパが良い

一般的なウォーターサーバーは、天然水やミネラルウォーターなど各メーカーこだわりの水を使います。

しかし、浄水器一体型のサーバーは水道水を使用。水代が大幅に節約できるメリットがあります。

ほとんどのメーカーが定額制の料金ですので、使用量を気にする必要もありません。

ウォーターサーバーを使いたいけれど、水にはこだわりがない方向けのサーバーです。

2.浄水機能で水を安全においしく

浄水器一体型は、一般的なウォーターサーバーにはなかった浄水機能を搭載し、クリアでおいしい水を作ります。

専用のフィルターで不純物をしっかり除去しますので、赤ちゃんや年配の方でも安心です。

3.冷温機能でらくらく温度調整

一般的な浄水器にはなかった温度調節機能。飲みたいときに、いつでも好きな温度の水が使えます。

各メーカーの充実したサービスも受けられるので、浄水器では物足りない方に特におすすめです。

浄水器一体型ウォーターサーバー人気の3社を紹介

新たな定番となりつつある、水道水を使った浄水器一体型ウォーターサーバーの人気3社を紹介します。

デザインや機能面にこだわりを持った注目のサーバーを厳選しましたので、ぜひ参考にしてください。

インテリアになじむデザイン「ハミングウォーター」


出典:【ハミングウォーター《公式》】水道水がおいしく飲める浄水型ウォーターサーバー(水道水補填式)

株式会社コスモライフが運営するハミングウォーターでは、水道水補充型サーバー「flows(フローズ)」を展開しています。

設置工事の必要がなく、台所やキッチンにもなじむコンパクトなデザインが魅力です。

迷ったらこれ!卓上型の「ウォータースタンド」


出典:水道直結ウォーターサーバー | 《公式》ウォータースタンド | ウォータースタンド株式会社

置き場所やサーバーの大きさが気になったら、卓上型はいかがでしょうか。

ウォータースタンド株式会社では、水道直結型サーバーを多数展開しています。ラインナップが充実しているので、自分に最適なサーバーを見つけられるでしょう。

メンテナンスフリーで手軽に使える「ダイオーズ」


出典:ウォーターサービス|株式会社ダイオーズ

株式会社ダイオーズでは、直結型と補充型が選べる「Purest(ピュレスト)」を展開しています。

メンテナンス不要で、衛生面にも優れた自動クリーン機能を搭載。冷温だけでなく、きれいな常温水も使用できる使い勝手の良いサーバーです。

まとめ

ウォーターサーバーと浄水器の違いを紹介しましたが、気になるものは見つかったでしょうか。

水にこだわり、機能やサービスが充実しているウォーターサーバー。コストが低く、すぐにきれいな水が作れる浄水器。

そして、両者のいいとこどりをした浄水器一体型ウォーターサーバー。

どれも共通しているのは、安全できれいな水を飲めることです。ぜひ自分に合った機種を探して、いつでもおいしい水が飲める豊かな生活を送ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です