ウォーターサーバーはどれを選べばいいの?おすすめサービス15選!

ウォーターサーバーはどれを選べばいいの?おすすめサービス15選!

ウォーターサーバーには数多くのサービスが存在しており、料金や水の品質、サーバーの機能、契約特典など、さまざまなものを比較する必要があるので、どれを選べば良いのか迷ってしまう方は多いです。

失敗しないウォーターサーバーの選び方と、おすすめのサービスを徹底的に解説しているので、参考にして下さい。

失敗しないウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーを選ぶ上では、以下の基準を知っておくことが大切です。

  • 水の品質
  • サーバーの使いやすさ
  • 水の注文
  • コスパ

どれも事前に知っておくべきものですから、順番に解説していきます。

水の種類

ウォーターサーバーを選ぶ上で多くの方が気にするのが「水の種類」です。どんな水を使っているのかを事前に知っておくことで、契約後の失敗を防げますが、ウォーターサーバーで使われる水は大きく2種類に分けられます。

天然水

1つ目が「天然水」で、富士山など特定の水源から採水した水のことです。

天然水はそのまま飲むことももちろん可能ですが、商品化するにあたってろ過や加熱殺菌を行い、不純物を除去しています。したがって、安全性が極めて高く、飲料水から料理、赤ちゃんのミルクまで幅広く使うことが可能です。

また、ほとんどのウォーターサーバーは国内の天然水を使っているため、日本人の口や料理に合う、まろやかな軟水です。

RO水

2つ目の水が「RO水」で、一言でいえば「人工的に天然水に近づけた水」のことです。詳細は以下を確認してください。

RO水とは採取した水にRO膜処理を施した水のことをいいます。RO(Reverse Osmosis)膜とは逆浸透膜ともいい0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターです。
このフィルターを通して不純物を除去し製造されたのがRO水です。

引用:天然水とRO水の違い – アクアクララ

採水した水をRO膜と呼ばれる特殊なフィルターで処理した、極めて安全な水をRO水と呼びます。しかし、この状態のRO水は純水に近いため、天然水のようなまろやかな味わいにはなりません。

そこで人工的に「ミネラル成分」を添加し、できる限り天然水に近づけることで、RO水を「人工的な天然水」として販売しているのです。

RO水の最大のメリットは、コスパの良さだといえます。天然水を使用するウォーターサーバーと比較すると、圧倒的に安く利用できるため、できるだけ安く利用したい方はRO水がおすすめです。

一方で、「人工的な天然水」と呼ばれると抵抗感を抱く方もいるかもしれませんが、安全性は極めて高いため、天然水と同じように使えます。

その証拠に、RO水を使っている人気のウォーターサーバー「クリクラ」は、全国の500を超える産院で赤ちゃん向けの水としてウォーターサーバーを提供しています。

参考:クリクラサーバー設置場所 – クリクラ

安全性に敏感な産院が使っていると聞けば、RO水の安全性の高さは理解できるでしょう。

また、RO水の味わいについても心配は不要です。「RO水と天然水を判別するのは難しい」といわれるほど最近のRO水の完成度は高いため、天然水と同じ感覚で飲めます。

まとめると、RO水は安くて安全でおいしい、天然水と同じように使える水のことです。どちらを選ぶのかは人それぞれですが、RO水で満足できる方は多いので、契約する上での参考にしてください。

サーバー

水の種類に加え、サーバーの選び方も知っておきましょう。

  • 水を注ぎやすい
  • 熱湯が出せる
  • ボトル交換が簡単
  • デザインが良い

サーバー選びで注意すべき点は以上の4点ですから、順番に解説していきます。

水を注ぎやすい

「水の注ぎやすさ」はサーバーを選ぶ上で非常に大切なポイントです。サーバーはレバー式とボタン式に分けられますが、どちらにもメリットとデメリットが存在しています。

まずレバー式ですが、以下を確認してください。

レバー式サーバー

出典:クリクラサーバーの使い方 – クリクラ

片手でレバーを操作しながら水を注ぐ、最もオーソドックスなタイプのサーバーだといえるでしょう。ウォーターサーバーといえばこちらをイメージする方も多いと思います。

どのサービスのサーバーでも、少し操作しただけでは水が出ないように「チャイルドロック機能」を搭載しているため、安全面でも問題ありません。

続いてボタン式ですが、以下を確認してください。

ボタン式サーバー

出典:dewoの特長について – フレシャス

このように、サーバー上部などに設置されたボタンを押すことで、水を注ぐことが可能です。レバー式よりも操作が簡単で、スタイリッシュな印象を与えますが、その分サーバー代金も高い傾向にあります。

一般的なレバー式のサーバーは、どのサービスでも月額無料でレンタルしていますが、ボタン式のサーバーの多くは月額500円〜1,000円程度のレンタル料金がかかります。したがって、できる限り安く利用したい方はレバー式を選びましょう。

また、「給水場所」も大切です。サーバーの下の方に給水口が設置されていると、腰を大きく曲げて給水しなければならず、背の高い方は不便に感じるかもしれません。

給水方法、給水場所を確認し「注ぎやすさ」を確かめた上で、サーバーを選びましょう。

熱湯が出せる

サーバーを選ぶ上では、「熱湯が出せるかどうか」も確認しておくべきです。

どのサービスが提供するサーバーでも、基本的に「お湯」は出せますが、実は「90度以上の熱湯を出せるかどうか」はサーバーによって変わってきます。

ウォーターサーバーを使う場面として「カップラーメン作り」がありますが、カップラーメンは90度以上の熱湯でないとおいしく作れません。したがって、熱湯を使う機会が多い方は、

  • 温度調節機能
  • リヒート(温め)機能

このような機能を搭載したサーバーを選びましょう。同様に、紅茶やコーヒーも90度のお湯を使うとおいしく淹れられますので、自宅でティータイムを楽しむためにも、「水温」にこだわってサーバーを選びましょう。

ボトル交換が簡単

ウォーターサーバーは日常を便利にしてくれますが、「ボトル交換」の手間が気になります。

一般的なボトルの容量は12Lで、水は1mLで1gですから、定期的に「12kgのボトルを交換する」必要があるため、女性や高齢の方がボトルの交換作業を行う場合、簡単にボトル交換ができるボトル、サーバーを選びましょう。その特徴を以下にまとめました。

ボトル
12Lよりも低容量のボトルを選ぶ。交換頻度が高くなるのがデメリット。
サーバー
ボトル設置場所がサーバー下部にあるものを選ぶ。サーバーレンタル料が高くなるのがデメリット。

交換がしやすいボトルを選ぶ上では、「低容量」がポイントです。容量が減ればその分重量も減りますから、交換をしやすくなるからです。一方で、ボトルの交換頻度も増えてしまうため、この点は注意しましょう。

また、ボトル設置場所が低いサーバーを選ぶことも、ボトル交換を簡単にするためには大切です。例として、以下を確認してください。

サーバー下に収納

出典:Point 『スラット』と『スラット+カフェ』の特長について – フレシャス

このように、サーバーの下にボトルを設置するため、一般的なサーバーのように重いボトルを持ち上げる必要がありません。

一方で、このような高機能のサーバーは、月々のサーバー料金が高めです。多くのサーバーはレンタル料が無料ですが、このSlatは「毎月2箱(37.2L)以下の注文の場合、900円のサーバーレンタル料」がかかります。

900円あれば、市販のペットボトル水が10L以上購入できますから、少しもったいないと感じる方もいるでしょう。

ボトル交換を同居する男性にお願いするなど、代替手段も存在していますから、ライフスタイルに合わせてボトル容量やサーバーの種類を選択しましょう。

デザインが良い

サーバーでこだわる方が多いのが、「サーバーのデザイン」です。ウォーターサーバーは家電ですから、インテリアとの調和を優先的に考える方もいるでしょう。

結論からいえば、「オシャレなサーバーはレンタル料がかかる」ことが多いです。多くのサービスは、レンタル料が無料の無難なデザインのサーバーと、有料のオシャレなサーバーを用意しています。

両者を比較すると、「有料でもオシャレな方がいいな」と感じてしまうかもしれません。例として、オシャレなサーバーで人気の「プレミアムウォーター」が提供する、レンタル料が無料と有料の2つのサーバーを確認しましょう。

amadanaスタンダードサーバー

出典:amadana スタンダードサーバー – PREMIUM WATER

こちらがサーバーレンタル料が無料の「amadana スタンダードサーバー」です。無難なデザインで、こちらでも十分オシャレだと感じる方は多いでしょう。

amadanaウォーターサーバー

出典:amadana ウォーターサーバー – PREMIUM WATER

そしてこちらが、サーバーレンタル料が毎月1,100円の「amadana ウォーターサーバー」になります。無料のものよりも洗練されたデザインとなっており、これならオシャレなインテリアとも十分マッチします。カラーもブラウン、ブラック、ホワイトの3つ用意されているため、自宅の雰囲気に合うものを選びましょう。

このように、最近のウォーターサーバーは「デザインで差別化を図る」傾向があります。オシャレなサーバーが自宅にあるだけで、少し良い気分になれますから、デザインでサーバーを選ぶのも良いでしょう。

水の注文

ウォーターサーバーを選ぶ上で非常に重要なのが、「水の注文」についてです。

一度ウォーターサーバーを契約してみればわかることですが、水の消費量は1カ月単位で想像以上に変動します。非常に多く使う月もあれば、それほど使わない月、全く使わない月とさまざまですから、「注文量を簡単に変更できる」サービスを選ぶべきです。

一方で、注文量の変更をするよりも、「足りなくなった分はペットボトル水で代用する」ことで柔軟に対処しても良いでしょう。ウォーターサーバーで絶対に避けなければいけないのが、「水が余る」ことです。

水が足りない分にはスーパーで購入すれば問題ありませんが、余ってしまった場合、「注文量を減らす」ことでしか対処ができません。一方で、多くのサービスは「注文ノルマ」を課すことで月額料金を安くしているため、簡単に注文量を減らせないのです。

したがって、ウォーターサーバーを契約する際は、「水が余らない」ことに注意してください。

スキップができるサービス

また、水の注文では「注文のスキップができる」サービスを選ぶことをおすすめします。先述のように、多くのサービスは注文ノルマを課していますが、「注文ノルマを1回飛ばす」ことをスキップと呼ぶのです。

そして、このスキップはサービスによって有料と無料で分かれます。有料のサービスに抵抗感を抱く方が多いと思いますが、その分水の代金が安い傾向にありますから、「スキップが無料の方が良い」とは一概にはいえません。

結論としては、「水の消費量が一定」の家庭なら、有料スキップ、もしくはスキップが用意されていないサービスを、「水の消費量が月によって大きく変わる」家庭なら、無料スキップが用意されているサービスを、それぞれ選びましょう。

一方で、「水の消費量なんて使ってみないと分からない」と考える方も多いはずです。この場合は、無難に無料スキップがあるサービスを選ぶことで、水の注文量を容易に調節することが可能です。

特典

最後に紹介するのが特典についてです。多くのサービスは契約時に特典を用意することで、顧客をより多く獲得しようとしています。

特典の内容はサービスや時期によって変わりますが、「インターネットで契約する」ことで、多くの特典を受け取ることが可能です。

ウォーターサーバーの契約方法は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  1. 店頭
  2. 電話
  3. インターネット

このうち、インターネットでの契約は人件費がかからないため、サービス側はインターネットから契約してもらった方が、より多くの特典を用意できるのです。

また、インターネットからの契約は、以下のようなメリットも存在しています。

自分のペースで契約できる
徹底的に調べて、自分が良いと感じてから契約できる。
複数の選択肢から選べる
1つのサービスではなく、複数のサービスを比較検討して選べる。
押し売りされない
販売員のセールストークに流されることがない。

どのサービスも分かりやすく契約できるように工夫をしているので、インターネットに慣れていない方でも安心です。インターネットからの契約で、より多くの特典を手に入れ、お得にウォーターサーバーを契約しましょう。

おすすめのウォーターサーバー15選

ここからは、おすすめのウォーターサーバーを紹介していきます。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター公式サイト画像

出典:プレミアムウォーター

サービス名 プレミアムウォーター
運営企業 プレミアムウォーター株式会社
水の価格 12L:1,987円
解約金 10,000円

プレミアムウォーターは、テレビやインターネットでの集客に力を入れており、知名度が非常に高いサービスです。使用している水は天然水で、他のサービスとは異なり「非加熱処理」をしています。

一般的には天然水を採取した後、加熱処理を行うことで安全性を高めていますが、加熱した時に水の中の酸素(溶存酸素)が激減してしまい、水が本来持つおいしさが損なわれてしまうのです。

そのため、非加熱処理を行うプレミアムウォーターの水は鮮度が保たれるため、天然水本来のおいしさを楽しめます。

また、水の品質だけでなく、サーバーのオシャレさもプレミアムウォーターの魅力です。レンタル料が無料のスタンダードサーバーでも十分スタイリッシュですが、レンタル料が有料のサーバーを選ぶと、まるで高級家電のようなサーバーでおいしい水を使えます。

フレシャス

フレシャス公式サイト画像

出典:フレシャス

サービス名 フレシャス
運営企業 富士山の銘水株式会社
水の価格 7.2L:1,247円
解約金 16,500円

「ウォーターサーバーでおいしいコーヒーを飲みたい」方には、フレシャスがおすすめです。

フレシャスの「Slat+cafe」というサーバーは、サーバーそのものにカフェ機能が追加されており、専用のドリップポッド、もしくは市販の挽いた豆を使用し、おいしい天然水で淹れた本格コーヒーをいつでも、手軽に楽しめます。

使用している水は以下の3種類の採水地から採取しています。

  1. 山梨県富士吉田市
  2. 静岡県富士宮市
  3. 長野県木曽郡木曽町

これらの中から自分の好きな採水地を選べるため、好みや用途に合わせて水の種類を選べる点は他のサービスにはない魅力です。

また、水を入れる容器にもこだわっています。一般的なウォーターサーバーが使用する容器は交換式のガロンボトル、もしくは自分で廃棄できるペットボトルですが、フレシャスはパックを使っています。

しかも、容量は7.2Lですので、女性や高齢の方でも簡単に交換ができるのも嬉しいです。

コスモウォーター

コスモウォーター公式サイト画像

出典:コスモウォーター

サービス名 コスモウォーター
運営企業 株式会社コスモライフ
水の価格 12L:2,052円
解約金 9,900円

実績のあるウォーターサーバーを利用したい方には、コスモウォーターがおすすめです。モンドセレクションやグッドデザイン賞、水のアカデミー賞など、多くの賞を受賞しており、品質面での実績は申し分ないといえるでしょう。

また、育児専門メディアのたまごクラブ、ひよこクラブが実施する「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2020 天然水ウォーターサーバー部門」でも入賞を果たしているため、大切なお子様の子育てにウォーターサーバーを利用したい方にもおすすめできます。

使用している水は国内の天然水で、静岡、京都、大分の3箇所から最寄りの採水地の水を「直送」してくれるため鮮度は抜群です。

一般的な天然水を使用するウォーターサーバーは、1箇所の採水地から自宅へ届けるため、採水地から遠いとその分鮮度が落ちてしまいますから、この取り組みは評価できます。

このように、コスモウォーターは品質から実績まで、総合的に優れたサービスです。水の価格、解約金はやや高いものの、それを上回るメリットがあるため、多くの方におすすめできます。

One Way Water

One way water公式サイト画像

出典:One Way Water

サービス名 One Way Water
運営企業 ワンウェイウォーター株式会社
水の価格 12L:1,350円
解約金 5,500円

できる限り安くウォーターサーバーを利用したい方には、こちらの「One Way Water」がおすすめです。水の価格は12Lで1,350円と業界最安水準で、解約金も5,500円と比較的リーズナブルです。

また、以下の4点を全て無料としているため、水以外にもお得な点がたくさんあります。

  1. 初期費用
  2. サーバーレンタル料
  3. 配送料
  4. メンテナンス料

使用している水はRO水ですが、浄水器では除去できない環境ホルモンまで取り除いているため、安全性は極めて高いです。また、味わいもまろやかな軟水ですので、天然水と同じような感覚で使えます。

コスパは業界最高水準ですので、気になる方は契約を検討しましょう。

alpina

alpina公式サイト画像
出典:alpina

サービス名 alpina
運営企業 株式会社楽楽エージェント
水の価格 12L:1,134円
解約金 11,000円

水の価格を最小限に抑えてウォーターサーバーを利用したい方には、こちらの「alpina」がおすすめです。水の価格は12Lで1,134円と、1Lあたり100円を下回るウォーターサーバーとは思えないコスパをしています。

その分解約金は11,000円と比較的高水準ですが、解約しない前提なら非常にお得に利用可能です。

また、使っている水はRO水ですので、これだけ安いと不安に感じる方もいるでしょう。しかし、alpinaの「アルピナウォーター」は徹底的に味わいにこだわっているため、天然水と同じまろやかな軟水の口当たりを実現しています。

加えて、「ノルマ」がない点もalpinaの魅力です。水がなくなったらその度に注文をするため、他のサービスよりも融通が効きます。

コスパの良さ、味わい、注文のしやすさ、総合的に優れたサービスとなっているので、おすすめできる方は多いです。

ウォータースタンド

ウォータースタンド公式サイト画像

出典:ウォータースタンド

サービス名 ウォータースタンド
運営企業 ウォータースタンド株式会社
月額料金 4,298円
解約金 11,000円

ウォータースタンドは、自宅の水道水をRO水とすることで、いつでも手軽に安全でおいしい水を飲めるようにするサービスです。必要なのは月々の浄水機能がついたサーバーのレンタル料金だけで、ノルマを気にする必要がない点が魅力だといえます。

また、水道水を使うため、無制限にRO水を使える点も嬉しいです。大家族になればなるほど使用する水の量は増えますから、「毎月たくさんの水を使う」家庭におすすめできます。

一方で、単身や2人暮らしの世帯になると、RO水を届けてくれる一般的なサービスを選んだ方がコスパは良いでしょう。水の消費量によっておすすめできるかどうかが変わるため、この点には注意しましょう。

サントリー

サントリー公式サイト画像

出典:サントリー

サービス名 サントリー
運営企業 サントリービバレッジソリューション株式会社
水の価格 7.8L:1,350円
解約金 16,500円

日本を代表する飲料メーカーのサントリーのウォーターサーバーは、多くの方に選ばれている人気のサービスです。使用している水は日本でどこでも販売されている「南アルプスの天然水」で、その安全性やおいしさは申し分ありません。

また、水だけでなくサーバーにも注目です。

水のおいしさや鮮度を保つ「おいしさキーパー」、季節や用途に合わせて水温を変えられる「4段階温度設定」、全てのボタンの操作をロックする「2重のチャイルドロック」など、便利に、快適に使う上で必要な機能が搭載されています。

加えて、水のボックス交換も工夫されています。ダンボールに入って送られてくるボックスを「開封せずそのまま」サーバーに入れるだけで交換できるため、開封する手間が省けます。

容量も7.8Lと軽量ですから、女性でも高齢の方でも簡単に交換可能です。

クリクラ

クリクラ公式サイト画像
出典:クリクラ

サービス名 クリクラ
運営企業 株式会社ナック
水の価格 12L:1,460円
解約金 0円

テレビCMでもおなじみの「クリクラ」は、水の価格こそ12Lで「1,460円」とRO水のウォーターサーバーの中では標準的ですが、解約金が0円ですので契約しやすい点が魅力です。

ウォーターサーバーを使ってみた結果、「あまり必要ではないかも」と感じることもありますから、解約金がかからないサービスを選ぶことは大切です。

また、使用しているRO水は500を超える産院で赤ちゃん向けに使われているので、安全性については心配ありません。解約金がかからないウォーターサーバーを探している方は契約を検討してみましょう。

アクアクララ

アクアクララ公式サイト画像
出典:アクアクララ

サービス名 アクアクララ
運営企業 アクアクララ株式会社
水の価格 12L:1,296円
解約金 3,300円

アクアクララはテレビCMやインターネット広告によって知名度が非常に高い、人気のウォーターサーバーです。使っている水はRO水で、価格は12Lで1,296円と業界でも最安水準となっており、解約金も3,300円ですので、総合的なコスパは群を抜いています。

また、RO水には以下に示す4つのミネラル分を添加しています。

  1. カルシウム
  2. ナトリウム
  3. カリウム
  4. マグネシウム

天然水のまろやかな味わいには、上記ミネラル分が必須ですので、アクアクララのRO水はまろやかで飲みやすいと評判です。

知名度、コスパ、水の品質、欠点が見当たらない万人におすすめできるサービスですので、契約を検討してみてはいかがでしょう?

Aqua Select

アクアセレクト公式サイト画像
出典:Aqua Select

サービス名 Aqua Select
運営企業 株式会社Beautiful Life
水の価格 22.7L:3,132円
解約金 6,160円

Aqua Selectは天然水を使用するウォーターサーバーで、12Lでおよそ1,650円と、天然水を使用するウォーターサーバーの中では最安水準となっています。

解約金は6,160円と標準的ですので、天然水を使うコスパが高いウォーターサーバーを探している方におすすめです。

天然水の採水地は「宮川」で、水質日本一に16回輝いている水の品質の高さが最大の魅力だといえます。よって、味わいと安全性は国内トップクラスですから、そんな水をこのお値段で使えるのは嬉しいです。

信濃湧水

信濃湧水公式サイト画像
出典:信濃湧水

サービス名 信濃湧水
運営企業 株式会社トーエル
水の価格 11.4L:1,620円
解約金 11,000円

北アルプスの天然水を11.4Lで1,620円という高いコスパで提供しているのが信濃湧水です。その分解約金は11,000円と高めに設定されているため、解約の可能性がある方は注意しましょう。

採水地の「矢沢水源」は国内で最も高い標高の水源として知られており、一般人の立ち入りがない場所ですので、登山客や観光客による汚染を気にする必要はありません。非常にクリーンな天然水を使えるので、魅力に感じる方は多いでしょう。

ハミングウォーター

ハミングウォーター公式サイト画像
出典:ハミングウォーター

サービス名 ハミングウォーター
運営企業 株式会社コスモライフ
月額料金 3,190円
解約金 16,500円

「使い放題のウォーターサーバーってないのかな」と考える方には、こちらのハミングウォーターがおすすめです。

水を購入するのではなく、サーバー内に設置する浄水フィルターを「4カ月に1回」交換するため、他のウォーターサーバーとは全く異なる新しいサービスだといえるでしょう。

月額料金は3,190円、解約金は16,500円と、両者ともに高水準です。しかし、サーバーに自宅の水道水を入れるだけで、おいしくて安全性の高い水が飲み放題ですから、そのコスパは計り知れません。

1カ月に使う水の量が多ければ多いほどお得なサービスとなっているので、大家族のご家庭におすすめできます。

Simple Water

シンプルウォーター公式サイト画像
出典:Simple Water

サービス名 Simple Water
運営企業 井一株式会社
水の価格 18L:2,430円
解約金 0円

購入ノルマなし、解約金なしの、安心して利用できるウォーターサーバーを利用したい方には、こちらの「Simple Water」がおすすめです。

水の価格は18Lで2,430円と、天然水を使用するウォーターサーバーの中では比較的高水準であるものの、ノルマと解約金がないことを考えれば安いといえます。

使用している水は富士山水源のバナジウム天然水ですので、水の品質は申し分ありません。

一方で、「サーバーを購入する必要がある」点に注意しましょう。

ノルマと解約金がないので仕方ない部分もありますが、定期的にサーバー代金無料で契約できるキャンペーンを実施しているので、公式サイトで詳細を確認してください。

ふじざくら命水

ふじざくら命水公式サイト画像
出典:ふじざくら命水

サービス名 ふじざくら命水
運営企業 富士観光開発株式会社
水の価格 11.5L:1,674円
解約金 14,300円

富士山水源の天然水を使用している「ふじざくら命水」は、11.5Lで1,674円と天然水を使うウォーターサーバーの中では高いコスパが魅力のサービスです。その分解約金が14,300円と比較的高いので、解約の可能性がある方は注意しましょう。

また、ウォーターサーバーの中では珍しい「3カ月解約金無料キャンペーン」を用意しているので、お試しでウォーターサーバーを導入したい方におすすめできます。

ピュアハワイアン

ピュアハワイアン公式サイト画像
出典:ピュアハワイアン

サービス名 ピュアハワイアン
運営企業 株式会社トーエル
水の価格 11.4L:1,944円
解約金 11,000円

非常に珍しい国外の天然水を使っているのが、こちらのピュアハワイアンです。ハワイの天然水を使ったRO水を使用しており、水の価格は11.4Lでおよそ2,000円、解約金は11,000円と、RO水を使うサービスとしては高いといえます。

しかし、ハワイは活火山に恵まれた島ですので、溶岩石で綺麗にろ過された水を使えます。国外の天然水に魅力を感じる方は、契約を検討してみましょう。

まとめ

ウォーターサーバーは数多くのサービスが存在しているため、選ぶのが難しいです。正しく選ぶための基準を知って、自分に合ったサービスを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です