月額料金が安いおすすめのウォーターサーバーを紹介します

月額料金が安いおすすめのウォーターサーバーを紹介します

飲み水としてはもちろんのこと、調乳や料理などにも使えて便利なウォーターサーバー。「便利だけど高そう」というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。

ウォーターサーバーは料金体系が複雑なこともあり、どのメーカーが安いか比較、検討する際には意外と労力を要します。

そこで、今回は「月額料金が安いウォーターサーバー」を厳選しました。目的に応じたおすすめのウォーターサーバーも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバー利用時にかかる費用

出典:クリクラ公式サイト

ウォーターサーバーの費用に関して、注目したいポイントは主に5つあります。

  • 水の料金
  • サーバーレンタル料
  • 電気代
  • 配送料
  • その他の費用

それぞれの項目について、下記で詳しく見ていきましょう。

1.水の料金

ウォーターサーバーは、水の種類や注文するボトルの本数によって料金が変動します。料金を比較する際には、最低注文の目安とされることが多い24L換算での価格帯に注目しましょう。

低価格のお水であれば、アルピナウォーターのように24Lあたり2,000円台前半で購入できる水もあります。購入ノルマなども意識して選ぶことができれば、後悔のない選択ができるでしょう。

2.サーバーレンタル料

基本的にメーカーからサーバーを借りて使用するため「費用が発生するのでは?」と、ウォーターサーバーを利用する際には考えがちです。

しかし、サーバーレンタル料が発生しないメーカーも多数あります。だからといって、トータルコストが安く済むとは限りません。たとえば、アクアクララのように、レンタル料は無料でもサポート料金の中にメンテナンス代が含まれている場合もあります。

また、レンタル料はかかるものの、水の料金が安く設定されている場合もあります。

「サーバーレンタル料が無料」という点は非常に魅力的ですが、レンタル料が無料のサーバーと有料のサーバー、それぞれのメリットやデメリットを踏まえて比較することが大切です。

3.電気代

ウォーターサーバーの魅力は、いつでも冷水、温水を使い分けられる点にあります。その魅力を活かすためには、電源を常にオンの状態にしておかなければなりません。

となると、1カ月の電気代も費用として考える必要があるでしょう。 ウォーターサーバーの1カ月の電気代は600円~1,000円ほどが一般的です。電気代を抑えたい方は、省エネ仕様のサーバーも検討してみると良いでしょう。

4.配送料

基本的に配送料は無料のメーカーが多いのですが、中には費用が発生するケースもあります。

たとえば、居住地域から離れた採水地の天然水を注文した場合や、北海道や沖縄、離島へ配送する場合などです。

このようなケースでは送料が別途プラスされることが多いため、忘れずに確認しましょう。

他にも、水を注文する際に最低本数が決まっており、 2本以上から配送料無料というメーカーもあります。配送料を確認する際には、そのような細かい点にも注意しましょう。

5.その他費用

毎月かかる費用以外に注目すべきポイントは、大きく分けて4つあります。

  • 初期費用
  • 休止手数料
  • 解約金
  • メンテナンス

それぞれの費用は、契約前に最低限確認しておきましょう。下記で詳しく解説します。

初期費用

初期費用とは、サーバーの設置手数料など、 契約する際に発生する費用のことです。多くのメーカーでは事務手数料が無料ですが、初回登録事務手数料がかかるメーカーもあります。

もし初期費用が発生することを知らずに契約した場合、サーバーを使用する前から損をした気持ちになってしまうでしょう。

そういった状態を避けるためにも、サーバーを申し込んだ際に初期費用が必要なメーカーかどうか、契約前に確認しておくことが大切です。

休止手数料

休止手数料とは、ボトルの配送を一時的に止める場合にかかる費用のことです。購入ノルマがあるサーバーの場合、この手数料が発生するケースがほとんどです。

水の配送を休止する場合、無料で休止できるのは2カ月までというルールが定められているメーカーもあります。後ほど解説する水の購入ノルマとあわせて確認しましょう。

解約金

ウォーターサーバーは、一定の期間使うことを前提とした料金プランが組まれているケースが多くあります。たとえば、3年契約という期間を待たずして解約した場合、解約金が発生する場合もあります。

解約金の有無を確認した上で契約をすると、より安心して利用することが可能です。相場は5,000円~10,000円ほどですが、それ以上の費用が発生する場合もあります。いずれにせよ大きな出費となるため、事前にしっかりと確認をしましょう。

メンテナンス料金

ウォーターサーバーは家電製品であり、常に水を扱う機械です。 衛生的に利用したいのであれば、定期的なメンテナンスが欠かせません。

メンテナンス料金とは、サーバーの清掃や修理にかかる費用のことです。メンテナンス代がかかるメーカーもあれば、 無料でメンテナンスをしてくれるところもあります。

メーカーによってサービスの形態がさまざまであるため、 公式サイトなどで事前に確認することが大切です。

このように、サーバー利用時には水やレンタル料などといった費用の他にも、イレギュラーで発生する費用があります。公式サイトや利用規約などを参考に、トータルコストで考えることが大切です。

月額費用を抑えるポイント

出典:ワンウェイウォーター公式サイト

料金体系はメーカーごとに異なるため一概に比較はできませんが、月額料金を安く抑えたいのであれば、下記の点を知っておいて損はありません。

水の種類に注目

ウォーターサーバー各社が提供する水には、主に天然水」と「RO水」の2種類があります。RO水はフィルターを通じて原水の不純物を取り除いた水のことで、天然水に比べて安い傾向にあります。

一方、天然水とは、湧水など特定の水源から採水されている地下水のことです。最近は低価格で購入できる天然水も増えていますが、RO水と比較すると値段は高い傾向にあります。

水の消費量を把握する

まずは、自分の家庭が1カ月にどの程度の水を消費しているかを調べましょう。多くのメーカーで、水は毎月およそ24L送られてきます。

1カ月を30日と想定すると、24Lの水であれば1日におよそ800ml消費する計算です。コップ一杯を200mlだと考えると、4杯分にあたる量です。もし24Lで足りない場合は36L、48Lで考える必要があるでしょう。

各家庭によって水の消費量は異なるため、毎月どのくらいの水を使うのかを把握しておくことは非常に大切なポイントです。とはいっても「どのくらい消費するか分からない」という方もいるでしょう。

メーカーの中には、お試し期間を設けている所もあります。そういったサービスを利用して必要な水の量を見極めても良いでしょう。

購入ノルマをチェック

メーカーによっては「月に水を3本(36L)以上注文すること」といったように、毎月の購入ノルマを定めているメーカーもあります。ノルマを達成できない場合は手数料が発生することになるため、注意が必要です。

一般的にサーバーレンタル料が無料のメーカーは、 購入ノルマが定められていることが多いです。一人暮らしなどであまり水を消費しない方は、 購入ノルマのないサーバーを検討しても良いでしょう。

また、購入ノルマがある場合「2カ月までなら無料で配送を停止できる」など、水の配送を休止できるメーカーもあります。水を消費できない場合は、そういったスキップ制度も上手く活用しましょう。

エコモード機能でよりお得に

ウォーターサーバーの中には省エネ機能やエコモードが搭載されている機種もあります。こういった機種を選べば、月々の電気代を抑えることも可能です。

一般的に600円~1,000円ほどと言われているサーバーの電気代を、 300円~400円程にまで抑えることができます。月々の電気代を安くしたいと考える方はエコモードなどが搭載されたサーバーを選ぶと、後悔のない選択ができるでしょう。

月額料金が安い!おすすめのウォーターサーバー5選

ここまでウォーターサーバーの費用について解説してきましたが、最後に月額料金が安いおすすめのウォーターサーバーを紹介します。お財布事情を考慮しつつ、 最適な1台を見つけましょう。

【安さが嬉しい】ワンウェイウォーター「smart」

出典:ワンウェイウォーター公式サイト

初期費用、サーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料が無料です。エコモードが搭載されており、サーバーを使わない時は電力を50%~60%もカットしてくれます。

また、ボトル下置きタイプであるため、重たい水のボトルを持ち上げる必要もありません。女性やお年寄りにもやさしい仕様となっています。

水はRO水「プラスプレミアム」が12Lボトル1本1,350円(税込)と費用も抑えられます。ただし、月3本(36L)以上の購入ノルマがあるため注意しましょう。たくさん水を消費する家庭には、特におすすめのサーバーです。

会社名 ワンウェイウォーター株式会社
ボトル代/月 税込4,050円(12L×3本)
レンタル料金/月 無料

【購入ノルマなし】アルピナウォーター「スタンダードサーバー」

出典:アルピナウォーター公式サイト

毎月の購入ノルマがなく、水を注文しない月があっても安心、必要なときに水を注文できるというメリットがあります。購入ノルマを気にせず、自分のペースで水を消費したい方におすすめです。

水は、北アルプスの天然水をROシステムでろ過したものを使用しています。限りなく純水に近いため、赤ちゃんに与える粉ミルクなどの栄養成分も損ないません。お財布だけでなく、赤ちゃんにも優しいウォーターサーバーです。

会社名 株式会社楽楽エージェント
ボトル代/月 税込1,134円(12L/1本)
レンタル料金/月 【東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城】
【大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・愛知】
629円(税込)/台 ※設置月はサービス【栃木・群馬・福島】
660円(税込)/台 ※設置月はサービス

【天然水】アクアセレクト「アクアセレクトサーバー」

出典:アクアセレクト公式サイト

「お水は天然水にこだわりたい」という方には、アクアセレクトサーバーがおすすめです。

天然水を最も安く頼めるメーカーであり、国土交通省が公表した「水質が最も良好な河川」にも選ばれた伊勢神宮「宮川」の水を、手頃な価格で購入できます。

購入ノルマはありますが、毎月22.7 Lと比較的消費しやすい量となっています。初期費用、サーバーレンタル料、水の配送料は無料です。なるべく費用を抑えつつ、天然水を選びたい方にはおすすめのメーカーといえるでしょう。

会社名 株式会社Beautiful Life
ボトル代/月 税込3,132円(11.35L×2ボトル)
レンタル料金/月 無料

【赤ちゃんにも優しい】クリクラ「クリクラサーバー」

出典:クリクラママ

初期費用、サーバーレンタル料、配送料、解約金が無料のクリクラサーバーは、子育て中の家庭におすすめのサーバーです。

水は口あたりがまろやかな軟水であり、苦みがなく、さわやかな飲み口が特徴です。おいしいだけでなく、料理にも適した水となっています。ボトルは1本(12L)税込1,460円と安いため、一人暮らしで水の消費量が少ない方にもおすすめです。

初期費用などは無料ですが、水の料金に加えて月々460円(税込)の「安心サポートパック」 の費用がかかります。また、購入ノルマはないものの、3カ月で利用本数が6本未満の場合、サーバーレンタル料が1,100円/月(税込)発生するので注意しましょう。

全国570カ所以上の産婦人科で利用されているサーバーとあって、 赤ちゃんのためにサーバーの利用を考えている方にも最適な1台といえます。

会社名 株式会社ナック
ボトル代/月 税込2,920円(12L×2本)
レンタル料金/月 無料

【最高品質の天然水×業界最安級】信濃湧水「スタンダードサーバー」

出典:信濃湧水公式サイト

北アルプス「矢沢原水」の水を使用した、信濃湧水のスタンダードサーバーです。原水は標高1,220mに湧く天然水であり、国内でもミネラルウォーターの採水地としてトップクラスの標高を誇ります。

クセがなくなめらかで飲みやすいため、飲み水や料理、赤ちゃんの粉ミルク調乳用としても最適です。

初期費用やサーバーレンタル料、配送料、メンテナンス料は無料、費用は水の料金だけという点も見逃せません。ただし、直近3カ月間の購入本数が4本未満の場合は、事務手数料が月額880円(税込)かかるため注意が必要です。

その一方で、購入ノルマがない点はやはり魅力的です。水がなくなったときに追加注文すれば良い点は使い勝手が良く、嬉しいポイントの1つといえるでしょう。

会社名 株式会社トーエル
ボトル代/月 税込3,240円(11.4L×2本)
レンタル料金/月 無料

まとめ

今回は、ウォーターサーバーを設置した際に発生する費用や、おすすめのサーバー5選について紹介しました。気になるサーバーはあったでしょうか。

ウォーターサーバーは、生活をさらに豊かにしてくれるものです。賢く選んで、より素敵な生活を手に入れましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です